ローコスト住宅を選べば安上がりになる

予算がネックならローコスト住宅を視野に

せっかくのマイホーム購入だからこそ、建売ではなく注文住宅を選びたいけれど、予算がネックでお悩みの方に、ぜひ着目いただきたいのがローコスト住宅です。今日全国各地には低予算の注文住宅を提供している専門業者が、多くの方々の夢の実現に注力しています。

注文住宅とローコストという、一見すると相反する2つの言葉の響きから、「安かろう・悪かろう」的な先入観を声にする向きもみられますが、実際には必ずしもその限りとは言えません。独自の工夫でコストを徹底的に抑える工夫や、安価ながらも高品質の材料を使用するなど、各社それぞれが特徴とメリットを前面に打ち出しています。

完成したモデルハウスの内覧会、住宅ローンを含めたさまざまなテーマの相談会やセミナーなど、施主に寄り添ったイベントも色々と開催されています。ローコスト住宅はマイホーム購入を検討中のすべての方々に、ぜひ着目いただきたい選択肢のひとつです。

ローコスト住宅に共通する特徴

ローコスト住宅はその名の通り、より低予算のマイホームを実現することを最優先に、さまざまな独自の工夫がなされています。結果として極端に細部にこだわった外観や内装、個性的な間取りなど、費用がかさむ部分に、施主側が自らの意向を十分反映するのは、残念ながら難しいのが現状です。

ローコスト住宅を選択するのであれば、あくまで器としての建物はシンプルに、一方の家具類などでアクセントをつける形で、より理想に近い家づくりを楽しまれると良いでしょう。シンプルだからこそ家自体には強烈な主張や個性が薄く、その後のご家族のライフステージの変化に伴い、臨機応変にアレンジして住み続けられる家づくりがおすすめです。

まずは候補先となる複数の業者をピックアップから、予算面を始めとする、自分たちによりマッチする相手先を絞り込みましょう。最終的に予算を抑えて、より希望通りの注文住宅を実現するには、業者選びが重要なポイントです。

新築一戸建てはマイホームの理想の形として高い需要がある一方、立地環境が居住性に影響する点を注意します。宅地開発は郊外に向かって拡大するのが普通なので、新しい物件ほど町の中心部から離れる傾向があります。