注文住宅の費用は土地の購入費用と建築費用

土地の費用で気にしておきたいこと

注文住宅を建築する場合、その段階で土地を所有していなければ土地を購入する必要があります。土地を購入して初めて、建物が建築できるわけです。注文住宅の土地を購入する場合に気をつけておきたい費用の知識としては、必ず割引きされることはないことです。もし、その土地が割引きされているとすれば何か怪しいと考えた方がよいです。通常土地は、割引きされることはまずありません。もし値段が下がるようなことがあれば、その土地の価値が下がったとも言えるでしょう。急激に下がることはめったにありませんので、下がるとしてもほんのわずかだけになります。後は、消費税がかからないことを理解しておきましょう。土地は、消費するものではないからです。

建物の費用に関する基礎知識

土地を購入し、ようやく建物が建築できる段階になると、まず建物を建築してくれる業者に対してお金を払う必要があります。この時全額払う必要はありませんが、何割かを支払うのが基本になります。お金の支払いは、最初の段階と建築が終了した後に支払うものです。建築が終了した段階では、全額支払うことになるでしょう。基本的に、見積もりの金額通りになりますが、場合によってはもう少し高くなるようなこともあります。例えば、地面を掘ってみたところ大きな岩が出てきたような場合です。重機などでしか取り除くことができないレベルの岩ならば、そこにお金がかかります。建物に関しては、土地と異なり消費税がかかるのが基本になるでしょう。

一戸建てとは、マンションのような集合住宅とは異なり、自分の土地に自分たち家族のためだけに建てられた、一般人にとっては憧れの住宅です。